HeroStatisticみたいなクラスにいれます

上位ではHeroStatisticsListみたいなので管理する。 HeroIDにもとづくDictにします。

スキルビルドのなどここにいれる感じで

#Init 試合をルーチンでまわし、jsonの中のPlayersをクロールする。 使用HeroIdにもとづいてHeroDictionaryにつっこんでいく

Hero

  • ID
  • name
  • role
  • pb
  • [List][Dict]PlayerJson
    • ここからいろいろ値をとる

G上位はクラスにするかどうか しました。 どっかから拾ってきたjson(name,id)にroleくっつけて、init

is roaming purchase log resons


aaa league pb stat comp

とりあえず各ヒーローについて%だす。 jsonで出力{heroid, : pb}

拾って比べるようのつくる おわり


skillbuild

Matchlist → heroごとのPlayerJson abilisty_arrをさらにリストにしてほりこむ

①upgrades 1~25まで統計取って%

1,2,3,4,5,6,7,8….,25 n={a:4,b:3}….

[5651, 5652, 5653, 5652, 5652, 5654, 5652, 5653, 5653]

[5651, 5652, 5653, 5652, 5652, 5654, 5652, 5653, 5651, 5653, 5653, 5654, 5651, 5651, 5927, 5940]

[5651, 5652, 5653, 5652, 5652, 5654, 5652, 5653, 5653, 5653, 5925, 5654, 5651]

[5651, 5653, 5652, 5652, 5652, 5654, 5652, 5653, 5653, 5653, 5927, 5654, 5651, 5651, 5651, 5917, 5654, 6008]

とかなので [{5651:1},{5652:3,5653:1},{},,,,,]

②一連の流れを Dictとかで適当に{'ability arr',num} → 無理やわこれ ability_arrを適当に文字列変換せなね

system/system/herostat.txt · Last modified: 2017/03/20 15:49 by admin
CC Attribution-Share Alike 3.0 Unported
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0